息子氏、ごんぎつねはこんな銃で撃たれてないぞ。

みんなの反応


  • 東出祐一郎
  • 炸裂する7.62mmの銃弾はごんを塵に変えた。兵十はAKの銃身が冷えていくのを感じながら、虚ろな目で破裂した骸を見た。兵十は祈った……骸以外何も見つからぬように。夜ごと届くあの食べ物が、ごんのものでないことを。兵十は骸に手を伸ばし、