湯本豪一先生の『日本の幻獣図譜』を読んでると時々登場する「なんかすごいの見たんだけど画力が足りん…」って感じの絵がたまらなく愛おしい 最早描きたかったものがどんなだったかもわからないが、他にはない味わいがある

湯本豪一先生の『日本の幻獣図譜』を読んでると時々登場する「なんかすごいの見たんだけど画力が足りん…」って感じの絵がたまらなく愛おしい 最早描きたかったものがどんなだったかもわからないが、他にはない味わいがある