毎日新聞の記者のコラム『「安全」よりも「安心」を重視しよう』。 『科学的に安全かどうかは、結局は人が判断するものだ。その判断は情動を経由した気持ちだ』と科学や客観的なデータを真っ向から否定するその姿勢、そこにシビれる憧れるゥ!

毎日新聞の記者のコラム『「安全」よりも「安心」を重視しよう』。  『科学的に安全かどうかは、結局は人が判断するものだ。その判断は情動を経由した気持ちだ』と科学や客観的なデータを真っ向から否定するその姿勢、そこにシビれる憧れるゥ!

みんなの反応


  • ろんたい
  • 現状認識としては正しい分析かもしれないけど、当事者がしれっと「市民の不安に寄り添うのがいいニュースなのだ」と言い切ってしまう姿勢が怖い。そりゃ風評被害が収まらんわけだ。大丈夫か?毎日新聞。

  • FM横須賀
  • 鈴木貫太郎は「教育者」の心も持っていた。有名な逸話として、戦時中に海軍兵学校校長を務めていた後輩の井上成美を訪ねて、「井上君、最も危険なの排卵日の二日前、いいか、二日前だぞ」と諭した。