人通りのない暗い夜道、自分の靴音がコンクリートに擦れる音だけが、やけに大きく響いていた。 ふと視線を感じて、緊張が走った。あ、誰か見てる、と思った。恐るおそるゆっくりとそちらに目を向けると、そこでは人ならざるものが、こちらを眺めていた。

人通りのない暗い夜道、自分の靴音がコンクリートに擦れる音だけが、やけに大きく響いていた。 ふと視線を感じて、緊張が走った。あ、誰か見てる、と思った。恐るおそるゆっくりとそちらに目を向けると、そこでは人ならざるものが、こちらを眺めていた。

投稿者


Saori(SEKAINOOWARI)
@saori_skow

今日のランキング