「わぁ~、ホクサイだぁ~」